クオペイって知ってる?

PayPayモールで最強の歯ブラシキャップを買いました

ブログ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは
モバピックスのきりたにけいです。

今PayPayモールで100億円あげちゃうキャンペーン、やってますね。

で、せっかくなので僕もPayPayモールで日用品含めいくつか購入したんですが。

その中でも気になったものを今回紹介します。

みなさん歯ブラシって使い終わったあと、どうやって保管してますか?

コップや収納スタンドにたてる人がほとんどだと思います。

濡れたままの歯ブラシを湿度の高いバスルームやコップの中なんかに保管していると、雑菌がすごく繁殖しやすく、ひどいときは便器よりも細菌が多くなるみたいです。

歯を綺麗にするためのものなのに、それが汚いと気持ち悪い…。

僕はいつもプラスチック製のよくある歯ブラシキャップにしまって使っていたのですが、先日キャップに黒カビを発見してしまい…、何かいいアイテムは無いかなぁと探して見つけたのがこちら。

充電式歯ブラシ除菌キャップ MDK-TS03

株式会社MEDIKという日本の医療機器メーカーが開発したもので、他にもユニークな商品を多数開発しています。

歯ブラシのブラシ部分を収納するキャップには、細菌のDNAを破壊する能力を持つ紫外線を発生させる「UV-C LED」を搭載。3分間の使用で、下痢を引き起こす大腸菌や食中毒の原因となるブドウ球菌などを99・9%除菌することに成功したという。同社の営業企画担当の日下部恵文さんは「職場や学校に持っていく歯ブラシにも使えますし、洗面台やお風呂場などでの使用も想定して作りました」と話す。
出典:歯ブラシは便器より汚い!? 充電式除菌キャップの効能 (2019年8月8日) – エキサイトニュース

実際に使ってみて、何が良かったのかって、LED紫外線照射なんていうものだからもっと大げさな装置をイメージしていたんですが、これキャップ式なんで持ち運びも容易なんですよね。

旅行や出張でマイ歯ブラシを持っていく時にもかさばらずに使えそう。

バッテリーは1回の充電で1ヶ月(1日2回使用を想定)持つらしいので、エコなのも嬉しい。

セット内容はこんな感じです。

取扱説明書のほか、充電用のUSBケーブルや、壁面取り付け用の磁石(予備ふたつ)、複数買いした場合の区別用のシールでしょうか、家族みんなで使う場合に便利ですね。

実際に除菌LEDを照射!

こういう容器の中の青いLEDっていかにも医療現場にあるモノって感じがしますね。(笑)

仕組みとしてはフタを閉じる動作がスイッチとなり、3分間照射されます。

ちなみに歯ブラシの首にあたる部分はゴムパッキンになっているので、だいたいどのサイズの歯ブラシにも使えるようになっています。

今回僕が買ったPayPayモール内のショップでは、送料無料で税込み4500円だったので、獲得したポイントはこんな感じです。

PayPayとTポイント合わせて1,530円相当を獲得しているので、実質2,970円で手に入れる事ができました、ポイント還元最強ですね!

みなさんも、もし歯ブラシの衛生面について気になるようでしたら、チェックしてみてください。

充電式歯ブラシ除菌キャップ MDK-TS03

ここまで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました