クオペイって知ってる?

PayPayフリマで「〇〇専用」ページは禁止行為です!12月からの新ルールとは

PayPayフリマ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは

PayPayフリマ使ってますか?

先日、PayPayフリマからかなり重要なお知らせがさらっと来ていました。

スポンサーリンク

出品者に対する新たなルール

11月21日に投稿された公式のお知らせにはこんな内容の事が書かれています。

このたびPayPayフリマ細則を以下のとおり改定いたします。

【改定内容1】
「A.出品者の禁止行為」に以下を追加し、以降を繰り下げます。
31.購入者を特定の個人に限定した出品をすること
▼例
「○○様専用」など、特定の利用者を指した出品

【改定内容2】
PayPayフリマ「B.出品禁止物」、8「食品や食材のうち、以下に該当するもの」に以下を追加し、以降を繰り下げます。
3 生鮮食品や魚肉類など、腐敗変質する恐れのある食品

【改定予定日】
2019年12月23日(月)

引用元:お知らせ|PayPayフリマ【公式】

今回のルール改定では【改定内容1】の方が問題になってきますね。

専用ページの禁止

改定内容にある新たなルールとして

「〇〇様専用」など、特定の利用者を指した出品

というのは具体的にどういうことなのでしょう。フリマアプリを頻繁に利用する方なら、ご存知かと思いますが、わからない方向けに解説します。

フリマアプリはその性質上、最初に「購入手続き」を行ったユーザーのみが、その商品の取引を進める事ができる、早い話が先着順の取引なわけです。

しかし、購入者側の都合による取り置きの希望などで、他のユーザーに購入されてしまわないような工夫から生まれたものが「〇〇様専用ページ」というわけです。

出品者側がいつでも商品ページを編集できるフリマアプリならではのローカルルールですね。

他アプリですが、メルカリの例をあげると、値下げ交渉後の専用ページ化が一番多いパターンですね。PayPayフリマでは交渉のシステムが確立しているのもあって「専用ページは不要である」と事務局が踏み切ったのかもしれません。

トラブルの原因にも繋がるため、推奨されていない行為でしたが、今回のルール改定でいよいよ本格的に禁止になったわけですね。

【実際の専用ページの例】

ルール改定日はいつから?

2019年12月23日(月)からです。

ルールに違反するとどうなる?

事務局からの注意のほかに、他ユーザーからの通報というパターンもあります。

違反行為が確認され次第、出品の取り消しはもちろんのこと。最悪の場合では出品制限やPayPayフリマの利用停止、Yahoo!アカウントの削除などの措置を取られる場合もありますので、出品ルールは必ず守りましょう。

他のユーザーもやっているから…では当然ですが、許されません。

まとめ

12月23日以降PayPayフリマでは「専用ページ」での出品は禁止です!

万が一購入者から専用をお願いされた場合は、ルール違反であることを伝えてきっぱりと断りましょう。ペナルティが課されるのは出品者側です。

メルカリでは専用出品について言及してはいますが、個々のユーザー間での問題となり禁止とまではなっていません。

PayPayフリマとメルカリを併用しているという方も多いと思いますが、今回のルール改定でPayPayフリマでは完全に禁止行為になりますので、注意するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました