クオペイって知ってる?

知らずに規約違反かも?PayPayフリマで出品禁止なモノと注意が必要なモノ

PayPayフリマ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは

PayPayフリマ、使ってますか?

フリマアプリはなんでも売ってますよね、こんなものも売れるの?と驚く商品も出品されています。少し前はどんぐりが取引されてメディアでも話題になりましたね。
そんなフリマアプリでも、出品NGなモノももちろんあります。
ガイドラインを確認してから出品する方って実際少ないと思いますが、あなたの出品が知らずに違反になっているかも知れませんよ?

今回はPayPayフリマの出品にあたって、知らずにガイドライン違反をしてしまう可能性が高そうなものをピックアップしてみました。

スポンサーリンク

気を付けなければならない出品禁止物

PayPayフリマには出品が完全に禁止されているモノと、条件付きで出品が可能なモノがあります。例えば動物や金券などは感覚的にNGだとわかっても、意外なものが出品禁止になっている場合があります。

出品自体が禁止なもの

タバコ

一般にタバコと呼ばれている「紙巻きたばこ」はもちろんダメですが、ニコチンが含有されている電子タバコもNGですよ。

体操服、スクール水着、学生服

体操服やスクール水着、学生服の使用済みはNGです。不要になった子供の衣類などの出品時には注意が必要ですね。

同様に使用済みの「下着」の出品も禁止です。

アダルト向け商品

ヤフオク!では比較的制限の緩かったアダルト向け商品ですが、PayPayフリマではアダルト全般がNGです。

ヌード写真集や官能小説、アダルト性の高いインナーウェアなどもこれに含まれます。

衛生マスク、消毒や除菌に用いる商品

新型コロナウイルスの流行により、マスクや消毒用エタノールなど各種商品が品薄・欠品状態になることが続き、政府より上記商品の出品禁止の政令が出ました。

詳しくはこちらをご覧ください。

出品時に条件などがあるもの

携帯電話端末

各携帯電話会社にて契約中の端末や、割賦料金が完済されていない端末は出品できません。出品しようとしている端末が販売できるかどうかは、各携帯電話会社によって確認方法が異なります。

また、出品可能条件を満たした端末でも、工場出荷状態に初期化し、商品説明に製造番号を記載する必要があります。

衣料品や履物

意外な点として、衣料品や履物の出品で人物が写っている画像を載せるのはNGです!

さらに水着やウェデング・マタニティ向けのインナーウェアを出品する場合は、クリーニングを実施し、クリーニング済みであることを商品説明に記載しなければいけません。

モバイルバッテリー

PSEマークが商品にあることを画像で載せなければいけません。

電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。

この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられました。 PSEマークは、【Product+Safety+Electrical appliance & materials】の頭文字で、電気製品が安全性を満たしていることを示すマークです。

出典:関東電気保安協会

カーナビ

中古のカーナビを出品する際は、商品説明欄にシリアルナンバー(製造番号)を記載する必要があります。

市販カーナビの製造番号の表示箇所に関するお知らせ

まとめ

いかがでしたでしょうか

ガイドライン細則 – PayPayフリマ

出品されている商品を眺めていると、正直なところガイドラインに違反しているモノの取引が行われているのが現実です。

しかし、違反行為は事実なのでいつ処罰されてもおかしくありません。出品の取り消しはもちろんのこと、最悪の場合出品制限やPayPayフリマの利用停止、Yahoo!アカウントの削除などの措置を取られる場合もありますので、出品ルールを守ってPayPayフリマを利用しましょう。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました