クオペイって知ってる?

PayPayって結局安全なの?不正利用対策や補償、電話窓口まとめ

PayPay
スポンサーリンク

みなさんこんにちは
モバピックスのきりたにけいです。

最近スマホ決済が急速に普及していますよね、○○ペイという名前はみなさんよく目にすると思います。

PayPayが実施したアンケートによると、スマホ決済サービスを利用しない理由として不正利用に対する不安が大きいという結果が多かったそうです。

お得なのはなんとなくわかるけど、セキュリティ面が心配。
という方向けに、現在のPayPayではどのような取り組みがなされているのか、過去の不正利用事件と絡めて解説していこうと思います。

スポンサーリンク

そもそもPayPayとは

PayPayとはソフトバンクとヤフーが母体となる「PayPay株式会社」が2018年より提供している、スマホ向け電子決済サービスです。

「100億円あげちゃう」キャンペーンなど一時期お祭り状態でニュースにもたびたび取り上げられていたため、使ったことはなくとも名前は知っているという方も多いでしょう。

2019年8月、PayPayのユーザ登録者が1000万人突破したと公式からアナウンスがありました。

サービス開始から1年経っていないのに、このユーザー数なのはビックリしますよね。

PayPayについての詳しい解説はこちら
PayPay(ペイペイ)のメリットとは?還元率や使い方など徹底解説

不正利用の過去

2018年12月、100億円あげちゃうキャンペーンで一気に知名度があがっていた裏で、PayPayを使ったクレジットカードの不正利用問題が起きました

ニュースでも大々的に取り上げられていたので、ご存知の方も多いと思います。

クレジットカード登録時の試行回数に上限が無かったため、セキュリティコードの総当たり方法などが可能になってしまう事が問題視されました。

こういった問題を踏まえて、2019年現在のPayPayはどうなっているのでしょうか。

現在の対策

不正利用発覚後から現在にわたってPayPayは対策を重ねてきています。

以前の事件の原因となったクレジットカード登録時の試行回数に制限が加えられ、総当たりでの不正登録が難しくなりました。

万が一の被害時には全額補償などの対策も打ち出していますので、一つずつ確認していきましょう。

クレジットカード利用時の上限金額

PayPayに登録したクレジットカードで決済する場合、ユーザーの利用状況などによって上限が決められています

本人認証未設定本人認証済み本人認証済み+青いバッジ
過去24時間5,000円20,000円250,000円
過去30日間5,000円50,000円250,000円

ヤフーカードにて残高チャージする場合も上記と同様の金額です。
(現状、残高チャージできるクレジットカードはヤフーカードのみ)

3Dセキュアによる本人認証の仕方は
PayPayのホーム画面から「支払い管理」→利用したいクレジットカードの「利用上限金額を増額する」を押すと、カード会社のページに飛びますのでそこから設定します。

また、利用状況によって名前の横に青いバッジがつく場合があります。

付与条件は一般に公開されていないため不明です。

全額補償

2019年8月28日以降、すべてのユーザーを対象として不正利用の被害に対して全額補償をすることを発表しました。

決済、チャージ、送金などのサービスにおいて不正利用と認められた場合、被害額の全額をPayPayが補償するという内容です。

PayPayを利用していなくても、自分のクレジットカードや銀行口座が他者のPayPayで不正利用された場合でも対象となります。

24時間対応の問い合わせ窓口

さらに24時間対応の問い合わせ窓口も開設されました。

万が一被害にあったことが確認できた場合、速やかに窓口に連絡しましょう。

いずれも24時間365日対応のフリーダイヤルなので安心ですね。

ユーザー向け問い合わせ窓口:0120-990-634
加盟店向け問い合わせ窓口:0120-990-640
携帯電話紛失時の問い合わせ窓口:0120-990-633

【まとめ】利用する側も対策を!

僕たちユーザー側も気を付けなければいけません。

スマホにパスコードなどの認証をかけている方は多いと思いますが、PayPayのアプリ側でも利用の際の認証を設定する事によって、二重のセキュリティで万が一に備える事ができます。

便利なサービスが増えるにつれてスマホの重要性も上がってきています。

万が一の事態にPayPayは補償をしてくれますが、不正利用そのものを未然に防ぐためにも、利用者側でセキュリティを意識する事が大事ですね。

 

タイトルとURLをコピーしました