クオペイって知ってる?

格安SIMとは?デメリットはあるの?MNOとMVNOの違いを解説

格安SIM
スポンサーリンク

みなさんこんにちは、モバピックスのきりたにけいです。

「格安SIM」という単語はなんとなくわかっていても「MNO」「MVNO」などは聞いたことがないという方も多いと思います。

今回はこれらをできるかぎり簡潔にまとめてみました。

スポンサーリンク

MNOとは

MNOとは、Mobile Network Operator(移動体通信事業者)の略です。

MNOは携帯電話の基地局など通信設備による移動体回線網を直接ユーザーや後述するMVNOに提供する事業者のことです。

2019年現在、日本の主なMNO

  • NTTドコモ
  • KDDI/au(沖縄セルラー)
  • ソフトバンク/Y!mobile
  • 楽天モバイル

一昔前まで携帯電話市場といえば、一般的に「キャリア」と呼ばれていたドコモ、au、ソフトバンクの3社によるほぼ独占状態でした。

固定電話の契約数は年々下がる一方で、携帯電話のシェアは圧倒的に広がっておりこれからも伸び続けるであろう需要から、携帯を売れば売るだけ儲かる市場だったのです。

しかし、それを良しとしない総務省が現在に至るまでルール改正を進めており
一般企業も通信事業者として参入しやすい環境が整ってきました

MVNOとは

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

自社で携帯電話サービスに必要な基地局やコアネットワークを持たず、MNOであるドコモ、au、ソフトバンクから一部の回線を借りて通信事業を運営している事業者のことを言います。

これが現在、一般的に「格安SIM」と呼ばれるものを指しています。

LINEモバイルやmineo、IIJmioなど地元の事業者も含めると、その数は今や数百社以上といわれています。

格安SIMはなぜ安い?

MVNOは自社で通信設備など持っていません。
MNOから借りているだけですから、当然設備投資が不要なわけです。

また、実店舗を置かずネット契約のみの会社もあることから大幅にコストや人件費を削減できるのです。

MNOは昔から電話サービスをベースとした料金設定でした。
それに対しMVNOの格安SIMではインターネットを利用するためのデータ通信容量をベースとして考え、プランやコースなどを選択するものが多いです。

「LINE」や「050でんわ」のようにネット回線のみで通話ができるようになり通話料を抑える・無料にするという選択肢ができるようになりました。

・設備投資不要・低コストだから基本料金が下げられる
・通話料金に重点を置いていないため通話料金分を下げられる

なぜ大手キャリアに怒られないのか

携帯電話事業におけるルール作りは総務省の監督対象です。

まずMVNOが事業を始めるにあたって通信網の確保ですが、MNOは通信網の借用の要求には応じなければならないと義務付けられています。

さらにMVNOに対して要求する接続料についても「適正な原価・適正な利潤」として定められた金額を超えてはならないのです。

行政としてMVNOの参入促進による市場競争の加速が図られているわけですね。

通信速度に違いが出るのはなぜ?

MVNOを使っていると、昼時や夕方は特に通信速度が落ちることがありますよね。
同じ時間帯でも他社のMVNOではなんでもなかったりするのも理由があります。

ピーク時に利用者が一斉に通信することで、MVNOが借りている帯域が上限を超えてしまいデータの送信に手間がかかり結果通信が遅くなるのです。

帯域とは一度に送信できるデータの量のことで、やはりこれもMNOに対価を払い借りているものです。

帯域が太ければ太いほど、MNOに支払う対価も大きいものになるためMVNOのサービス規模によって通信速度に差がでてきてしまうのです。

MNOとMVNOの要点とまとめ

MNO

  • 基地局など物理的な設備を持つ大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)
  • 基地局の増強や実店舗などコストがかかるため料金もそれなり
  • 通信速度は安定している

MVNO

  • 基地局を持たず大手キャリアから通信網を借りている一般企業
  • 設備投資や実店舗などコストが少ない為、料金を安くできる
  • 会社によって通信速度の安定感に差がある

いかがでしたでしょうか。

格安SIMのデメリットというのは提供している会社によって安定感の差が激しいといったところでしょうか。

しかし、自社回線に切り替えていくMVNOも出始めているのでこれからもどんどん状況は変わっていくと思います。

自身の環境によってもベストな選択肢は変わってきます。
これからもずっと料金を支払っていくモノですので、MNOとMVNOどちらを選ぶにしても自分に合ったキャリアを見つけていく事が肝心ですね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました