クオペイって知ってる?

JPQRとは?スマホ決済はますます普及する!?対応アプリ一覧

スマホ決済
スポンサーリンク

みなさんこんにちは
モバピックスのきりたにけいです。

みなさんJPQRってご存知ですか?

今流行のQRコード決済アプリが今後もっと広がっていくかもしれない大きいプロジェクトが実はひそかに始まっているんです!

スポンサーリンク

JPQRとは?

総務省が実施する統一QR普及事業で、多様化しているコード決済サービスをまとめて、店舗側の導入ハードルを下げる事で、コード決済サービスをさらに拡充する見込みです。


出典:【公式】JPQR

従来使っていた決済アプリがそのまま使える

JPQRは店舗側の設備になりますので、ユーザー側で用意する事は何もありません。

いつも使っている決済アプリが基本的にはそのままの方法で使えます。

スマホ決済アプリが増える事のデメリット

利用者は…
・どの決済アプリが使える店なのかぱっと見で分かりづらい
・店によって決済アプリを使い分けなければならない
店舗側は…
・決済アプリごとにバーコードを用意しなければならない
・バーコードリーダーのソフト更新が大変
などなど煩雑化していくにつれ手間が増え、混乱のもとになります。
JPQRはこういったデメリットを一気に解消してくれる新しいサービスです。

2019年8月、4県にて先行実施中

JPQRは全国展開の前に試験運用として、現在4つの県で先行実施されています。

2019年8月1日~2020年1月31日までの先行実施対象県は

・岩手県
・長野県
・和歌山県
・福岡県

の4つになります。

この記事を書いている8月19日の段階では、対象の県内でもJPQRコードが利用できる店舗はまだ少ないようです。

これは9月1日に長野県のお店で確認した実際のJPQRです。

お店の方に聞いてみると、今後各種ペイが対応可能になる度に、店側がネットから追加の手続きを行うことで決済が可能になっていくとの事でした。

決済方法と対象アプリ一覧

基本的にユーザー側で何か操作が変わるという事はありません。

しかし、当然JPQRに対応している決済アプリが必要になりますので、今後普及していくにあたって、自分の使っている決済アプリが対象なのかどうか確認しておきましょう。

おなじみの2種類の決済方法

・店舗提示型コード決済(MPM方式)
店舗に設置されているQRコードをユーザーが決済アプリで読み取り、金額を入力する事で支払いが完了する方法です。主に小規模な店舗で使われることが多いです。
・利用者提示型コード決済(CPM方式)
ユーザーの決済アプリに表示されるコードを店舗側が読み取り支払いが完了する方法です。主にチェーン店やコンビニなどで使われる事が多いです。

既にコード決済システムに慣れているユーザーにはお馴染みの2つだと思います。

JPQR対象の決済アプリ

店舗提示型
コード決済
(MPM方式)
利用者提示型
コード決済
(CPM方式)
ORIGAMI PAY8/1~順次対応予定
J-Coin Pay8/1~順次対応予定
メルペイ8/1~順次対応予定
au PAY10/1~順次対応予定
ゆうちょ Pay10/1~順次対応予定
YOKA!Pay10/1~順次対応予定
PayPay×(対応予定無し)順次対応予定
d払い調整中順次対応予定
LINE Pay調整中順次対応予定

2019年8月現在、店舗提示型コード方式のみとなっています。

そちらのほうが導入のハードルも低いので当然と言えるでしょう。

今後全国展開される時には、利用者掲示型の普及や対応アプリの拡充がされていることを期待したいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今現在スマホ決済を利用している方にはいまいちピンと来ないかもしれませんが、今回総務省がコード決済を本格的に推進する事によって、今以上に導入店舗が増えるのは間違いないです。

まだ現金払いメインの方にとっては消費税10%に備えてコード決済を導入する時期なのかもしれませんね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました