クオペイって知ってる?

2019年の新型iPhoneは3種類!iPhone 11の機能や発売日は?

iPhone
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

日本時間の9月11日午前2時―Appleのイベントにて、ついに新型のiPhoneが発表されましたね。事前情報で出回ったトリプルカメラ搭載機は一体どんなモデルとして登場したのでしょうか。

今回発表された新型iPhoneについての簡単なスペック紹介と、発売日の予想をまとめました。

スポンサーリンク

2019年新型iPhoneは3モデルがラインナップ

2019年のiPhoneは前年同様3モデルのラインナップとなり、それぞれが前年モデルの「後継機」という位置づけになっています。

iPhone 11 PRO
iPhone 11 PRO MAX
iPhone 11

3機種ともにCPUにA13 Bionicという最新のチップを搭載しており、処理速度は現行のスマートフォンの中でも最速という事で、具体的な比較としてGoogle Pixel 3の2倍の処理速度を持っているそうです。

また、カメラ機能が大幅にパワーアップしており、超広角で引きの撮影が可能になっただけでなく、光源のないところでも綺麗に撮れるナイトモードやスローモーション撮影など、より幅広い使い方ができるようになりました。

バッテリー持ちに関しては以前の機種より大幅に長くなっています。

iPhone 11 PROはXSより4時間
iPhone 11 PRO MAXはXS MAXより5時間
iPhone 11はXRより1時間

さらに50%までを30分でチャージできる高速充電も可能だそうです。

残念ながら指紋認証は復活しませんでしたが、Face IDの立ち上がり速度が従来より早くなったようです。

ではそれぞれの簡単なスペックをまとめていきます。

iPhone 11 PRO

前年のiPhone XSの後継にあたります

ディスプレイ:5.8インチOLED(Super Retina XDR)
カラー:4色(ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールド)
容量:64/256/512GB
カメラ:背面トリプルカメラ(望遠、広角、超広角)
CPU:A13 Bionic

耐水性能:水深4mで30分間
コネクタ規格:Lightning

価格:106,800円~

iPhone 11 PRO MAX

前年のiPhone XS MAXの後継にあたります

ディスプレイ:6.5インチOLED(Super Retina XDR)
カラー:4色(ミッドナイトグリーン、スペースグレイ、シルバー、ゴールド)
容量:64/256/512GB
カメラ:背面トリプルカメラ(望遠、広角、超広角)
CPU:A13 Bionic

耐水性能:水深4mで30分間
コネクタ規格:Lightning

価格:119,800円~

iPhone 11

前年のiPhone XRの後継にあたります

ディスプレイ:6.1インチLCD(Liquid Retina HD)
カラー:6色(パープル、イエロー、グリーン、ホワイト、ブラック、レッド)
容量:64/128/256GB
カメラ:背面デュアルカメラ(広角、超広角)
CPU:A13 Bionic
耐水性能:水深2mで30分間

コネクタ規格:Lightning
価格:74,800円~

予約開始と発売日について

日本での予約開始は9月13日午後9時から、前予想の通り発売日は9月20日となりました。

前年の機種に比べてスペックは上昇していますが、価格は抑えられているので、XSシリーズをスルーした方には丁度いい機種変更のタイミングなのではないでしょうか。

2020年春にiPhone SE2が出る?

どうやら2020年の早い段階に、廉価版のiPhoneが発売されるという情報が出ています。

iPhone廉価版、20年春にも発売へ 米アップル:日本経済新聞

廉価モデルといえば、2016年に3月に発売されたiPhone SEですが、SEはスペックと値段のバランスが良く、今でも中古スマホ業界で多く取引されている人気の機種です。

10月以降は大幅な端末値引きなどの改正によって高額な機種が売れにくくなることが予想されていますので、廉価版のiPhoneが市場でどうなるのか注目度は高いですね。

 

タイトルとURLをコピーしました