クオペイって知ってる?

楽天モバイルの料金は安い?自社回線になる?割引やサービス総まとめ

格安SIM
スポンサーリンク

みなさんこんにちは
モバピックスのきりたにけいです。

今回は楽天モバイルについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天モバイルとは

インターネット事業の大手「楽天」グループの楽天モバイルが提供するMVNOです。

みなさんももちろんご存知のことと思いますが、楽天市場や楽天カードがお馴染みですよね。

現在はドコモとauの回線を利用していますが、2019年10月から順次自社回線に切り替えてMNO化していくとの事で、今後の展開が楽しみです。

MNOとは?解説はこちらから↓
格安SIMとは?デメリットはあるの?MNOとMVNOの違いを解説

楽天モバイルの料金プラン

スーパーホーダイ

すべてドコモ回線の通話SIM
プランSプランMプランLプランLL
データ
通信容量
2GB6GB14GB24GB
通話10分以内の国内通話何度でもかけ放題
月額基本料2,980円/月
長期割+
楽天会員で
1,480円/月
さらにダイヤモンド会員で
980円/月
3,980円/月
長期割+
楽天会員で
2480円/月
さらにダイヤモンド会員で
1,980円/月
5,980円/月
長期割+
楽天会員で
4,480円/月
さらにダイヤモンド会員で
3,980円/月
6,980円/月
長期割+
楽天会員で
5,480円/月
さらにダイヤモンド会員で
4,980円/月
楽天会員・ダイヤモンドランク
楽天スーパーポイントがたまる楽天の会員制サービス。
通常会員で-500円/月(2年間) ダイヤモンドで-500円/月(1年間・対象月)

ダイヤモンド会員の条件については公式サイト参照。
【楽天Point Club】: ランクアップ・キープの仕組み
長期割
スーパーホーダイ新規お申し込み特典。
契約時に最低利用期間を設定し、開通月から24ヶ月間年数による割引。
・最低利用3年で月額1,000円割引
・最低利用2年で月額500円割引
長期割で設定した年数の途中で解約する場合は解約金が発生します。

楽天モバイルのスーパーホーダイの特徴として、通常時は最大4Mbpsでの高速通信が利用できます。
さらに、データ通信容量を使い切ってしまった場合でも、最大1Mbpsでの通信が可能となっています。
他社の低速通信時が125Kbps~300Kbpsなのを見るとその差は大きいですね。
しかし12:00~13:00、18:00~19:00も一般的に混雑する時間帯では最大300Kbpsに設定されてしまうので注意が必要です。

また、「楽天モバイルSIM」アプリから高速通信のON/OFFが切り替えられます。
データ節約の為の低速通信時でも最大1Mbpsでの通信が可能なのは嬉しいですね。

余ったデータ容量の翌月繰り越しももちろんokです。

組み合わせプラン

通話SIM
ドコモ/au回線
データSIM
(SNSあり)
ドコモ/au回線
データSIM
(SNSなし)
ドコモ回線
ベーシックプラン1,250円/月645円/月525円/月
3.1GBプラン1,600円/月1,020円/月900円/月
5GBプラン2,150円/月1,570円/月1,450円/月
10GBプラン2,960円/月2,380円/月2,260円/月
20GBプラン4,750円/月4,170円/月4,050円/月
30GBプラン6,150円/月5,520円/月5,450円/月
楽天でんわ10分かけ放題
10分以内の国内通話が何度でも無料になるかけ放題オプション。
スーパーホーダイには最初から含まれているものですが、組み合わせプラン
では
オプションとなり、月額850円で楽天でんわアプリから利用できます。

組み合わせプランの通話SIMとデータSIM(SMSあり)ではドコモ回線とau回線から
選ぶことができます。

さらにこちらのプランでは月に1度だけ手数料無料でプラン変更ができます。
組み合わせプランの音声SIMからスーパーホーダイへの変更も可能です。

こちらのプランでもデータ容量の翌月繰り越しはokです。

通話料・SMS

ドコモau
通話料20円/30秒
「楽天でんわ」アプリ10円/30秒
SMS送信国内 3円/通
国外 50円/通
国内 3~30円/通
国外 100円/通

10分かけ放題オプション非適用時の通話SIMでの音声通話料金です。

スーパーホーダイには10分かけ放題が最初からついていますので、10分以上の通話時の場合に表の料金がかかります。

楽天モバイルの割引やサービス

スーパーホーダイご契約者特典

スーパーホーダイM/L/LLプランの新規申し込み時、初月に限りプランSと同額の料金となります。
ダイヤモンド会員が長期割を適用すると初月980円でLLプランの利用ができます。
プラス割との併用はできません。
2017年12月8日~実施中

プラス割

通話SIMの契約者なら2回線目から月額基本料が3ヶ月0円で利用できます。

さらに2回線目も通話SIMであれば3回線目も3ヶ月0円…というように
割引が適用されていきます、台数に上限はありません。
ただし、追加した回線がデータSIMの場合はそれ以降の追加では割引は
適用されないので注意が必要です。

データシェア

前月の余ったデータ容量を、翌月に契約者間で分け合う事ができます。
家族や友人、自分のサブ回線も契約が可能ですが、メンバーはそれぞれ月額100円の利用料がかかります。
データシェアの残量や契約分の残量なども楽天モバイルSIMアプリで確認できます。

楽天モバイルの回線と使える機種は?

楽天モバイルではドコモ回線とau回線から選ぶことができますが
2019年10月から順次楽天の自社回線に切り替わっていく予定となっています。

【公式】楽天モバイル: 動作確認済み端末

楽天モバイルでiPhoneは使える?取り扱いスマホのおすすめ4機種解説

楽天モバイルの要点まとめ

  • 楽天会員であればかなり月額料金がかなりお得
    逆に言うと楽天会員でなければメリットは薄い
  • 月々の携帯代金が楽天スーパーポイントで支払える
    楽天スーパーポイントは貯まりやすいのでこれは大きいメリットですね
  • スーパーホーダイなら低速通信時も1Mbpsで通信可
    容量を節約したいときの低速モードにも適用される
  • 楽天の自社回線が順次利用可能に
    楽天モバイルだけの特権で、ストレスフリーな通信が期待できます
  • 家族割は月額から永年割引という形式ではない
    プラス割で料金が安くなるのは最初の3ヶ月のみ
  • @rakuten.jpのメールアドレスが利用できる
    1回線契約につき1つですが、無料で15GB容量なので十分です

いかがでしたでしょうか。

楽天会員でメインで楽天カードも使われているような方であれば、楽天モバイルを使わない手はないほどの優遇がありますので、そんな方にはまず間違いなくお勧めできるMVNOですね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました