クオペイって知ってる?

【楽天ペイ】ローソンでPontaカードと併用出来る?楽天ペイのローソンでの使い方など解説

楽天ペイ
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。モバピックスのアンソニーです。

スマホ決済サービス「楽天ペイ」はコンビニエンスストアやドラッグストアを始め、さまざまな店舗で利用することが出来ますが、今回は「ローソン」での楽天ペイの使い方から、「Pontaカード」との併用が可能なのか等、細かい疑問点も交えながら解説していこうと思います。

スポンサーリンク

楽天ペイとは

楽天ペイとは、楽天ペイメント株式会社が運営するスマホ決済サービスです。

楽天ペイを利用して支払いをすることで実店舗では0.5%分、ネットでは1%分の楽天スーパーポイントが還元されます。

※その他楽天ペイの特徴や使い方についてはこちらの記事をチェックしてみてください
楽天ペイとは?楽天ペイの使い方を徹底解説します

ローソンでの楽天ペイの使い方

楽天ペイのローソンでの使い方は以下の通りです。

1.楽天ペイのアプリを開く
2.会計時に「楽天ペイで」と店員さんに伝える
3.アプリに表示されたバーコード画面を店員さんに見せる
4.店員さんにバーコードを読み取ってもらい、決済完了

楽天ペイはローソンでPontaカードと併用出来る?

楽天ペイがローソンでPontaカードと併用が出来るのか気になった方もいるかと思いますので、利用が可能か検証しました。

Pontaカードとは

Pontaカードとはローソンを始め、さまざまなお店やサービスでポイントを貯めたり、ポイントを使ったりすることが出来る、共通ポイントサービスです。

ローソンでPontaカードを提示すると1%のポイント還元(100円につき1ポイント)を受けることが出来、貯まったポイントは1ポイント=1円で利用することが出来ます。

Pontaカードは年会費・入会費無料で作る事が出来ます。

結論:楽天ペイはPontaカードと併用が出来る

楽天ペイはPontaカードとの併用が可能です。

楽天ペイのポイント還元率は0.5%で、Pontaカードのポイント還元率は1%なので、計1.5%の還元を受けられる計算になります。

楽天ペイの支払い元を楽天カードにすることで更に還元

楽天カードは1%ポイント還元(100円につき1ポイント)がありますので、楽天ペイの支払い元を楽天カードにしておくことで、楽天ペイ(0.5%)+楽天カード(1%)+Pontaカード(1%)で計2.5%ものポイント還元を受けることが出来ます。

楽天カードは楽天ペイとの相性も良く、年会費・入会費無料で作れますので、楽天ペイを使いたいという方は楽天カードを作る事をおススメします。

楽天ペイをローソンで使う際の注意事項

楽天ペイをローソンで使う際にいくつかの注意事項がありますので、確認しておきましょう。

ローソンで使える楽天ペイの上限金額は4,000円

ローソンで楽天ペイを使う際の上限金額は4,000円です。また、1日の支払い金額の上限も4,000円となっています。

コンビニで4,000円を超えて支払いをする機会はあまり無いかと思いますが、注意しておきましょう。

楽天ペイで支払いが出来ないサービス・商品あり

ローソンでは1部、楽天ペイで支払いが出来ないサービス・商品がありますので、注意が必要です。

支払いが出来ないサービス・商品は以下の通りです。

・公共料金
・収納代行票
・切手・印紙・ハガキ・年賀状
・クオカード
・テレホンカード
・iTunesカード
・Amazonギフト券
・ニンテンドープリペイドカード
・ギフトカード
・プリペイド携帯カード
・ビール券・酒クーポン券
・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
・金券など
・電子マネーのチャージ
・ゆうパック

楽天ペイのキャンペーン利用で更にお得に

楽天ペイでは、「楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元キャンペーン」など、さまざまなキャンペーンを実施しています。

キャンペーンにエントリーすることで更に多くのポイント還元を受けることが出来ますので、キャンペーンは随時チェックしておくと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

普段からローソンをよく使うという方は、楽天ペイとPontaカードを両方使うべきと言っても過言ではないでしょう。

楽天ペイもPontaカードも年会費・入会費無料で利用することが出来ますので、未だ持っていないという方は早速作ってみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました